建築業協会賞50年 受賞作品を通して見る 建築1960-2009 新建築臨時増刊

商品番号:16APR04-05

2,500円(税込)

[出版社] 新建築社
[発行年] 2009年
[状態] B
[コメント] 建築業協会賞[BCS賞]受賞作品を「経済・社会的側面から見る日本建築の50年」「デザイン・計画史」「構造史」「設備史」「施工史」という5つのトピックによって紡ぐことで「日本現代建築の50年」をまとめた特集号。
目次
STATEMENT
巻頭資料
巻頭対談 グローバル化時代に考えるニッポンの建築と建設業 伊東豊雄+山内隆司

Topic 1 経済・社会的側面から見る日本建築の50年 論文執筆 松葉一清
黄金時代 経済成長とモダニズムの共振
変化の徴 万博後の経済・社会、そして建築
膨張する経済 動き出す都市と反近代の潮流
バブル経済の崩壊とグローバリズムの台頭
再構築への模索 都市・地方、建築に吹き込む命

Topic 2 デザイン・計画史 論文執筆 馬場璋造
近代化の実現
成長から成熟へ
円熟、そして次代への萌芽
多様化する建築
環境の世紀を迎えて

Topic 3 構造史 論文執筆 川口衛
新しい大空間構造と超高層への挑戦
超高層技術の進展と次代の種
多様化する構造技術
膜構造の隆盛
構造が拓く新しいデザイン

Topic 4 設備史 論文執筆 石福昭
ファンコイルユニット、単一ダクト方式の主流化
設備の工業化を促進した超高層ビル
普及する省エネルギー技術
技術革新による「持続可能な開発」への貢献
共生・ハイブリッド化の進展

Topic 5 施工史 論文執筆 嘉納成男
近代的施工技術の確立
機械化・工業化の進展
建設ロボットとCADの登場
環境・省資源化への取り組み
3次元CADと計測技術の発展

特別対談 BCS賞のあゆみと次代への展望 香山壽夫+竹中統一
建築業協会賞受賞作品一覧

サイズ:29.8×22.2cm ソフトカバー 223ページ

カテゴリーから探す