建築文化 モダニスト再考 2冊セット モダニズムの33人 海外編+日本モダニズムの30人 国内編

商品番号:16OCT30-06

6,000円(税込)

[出版社] 彰国社
[発行年] 1999年,2000年
[状態] B
[コメント]
モダニズムの33人 モダニスト再考 海外編 1999年5月号
目次
モダニズムの33人 モダニスト再考I 海外編
オットー・ヴァーグナー 装飾と価値真空
ルドルフ・シュタイナー 神殿の世俗化
フランク・ロイド・ライト クリティカル・リージョナリズム以後
チャールズ・レニー・マッキントッシュ マッキントッシュ神話とデザインの地政学
ペーター・ベーレンス 計測される「芸術」
アドルフ・ロース ポチョムキン文化への加重暴行
ピート・モンドリアン 新造形主義の夢想
オーギュスト・ペレ 2の葛藤
アイリーン・グレイ-グレイの「ヒンジ的なるもの」
テオ・ファン・ドゥースブルフ 「協働」と「対立」の狭間
グンナー・アスプルンド スケールの撹乱
ルードヴィッヒ・ヒルベルザイマー 建築の無化としてのアーバニズム
ミース・ファン・デル・ローエ 無柱空間と自由壁の原理
ルドルフ・シンドラー 奔流はどこにも帰属しない
ル・コルビュジエ コルビュジエの欠如体
へリット・トーマス・リートフェルト 事物と概念の「あいだ」に立つ者
ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタイン 超越論的ディテール
ハンネス・マイヤー イデアとポリティクス-ハンネス・マイヤーが刻印するもの」
エル・リシツキー 「プロウン・ルーム」への招待状
フレデリック・キースラー 棺としての無限住居
コンスタンチン・メーリニコフ 在来のものの独自な組合わせ
リチャード・ノイトラ インターナショナル・スタイルを超えて
ジークフリート・ギーディオン 近代建築を広報した男
ラスロ・モホリ=ナギ モホリ=ナギーTowards New Life
New Technology
バックミンスター・フラー ライフサイエンス、デザイン、そして建築
アルヴァー・アールト パロールの建築家
マルト・スタム 「バウエン」の殉教者あるいは虚空に消えたアヴァンギャルド
カレル・タイゲ 「構成」の詩学を説いたイデオローグ
ジャン・プルーヴェ アール・ヌーヴォーからジェット機へ
アダルベルト・リベラ モダン・サブライムのゆくえ
ジュゼッペ・テラーニ 唯物論的フォーマリズム
オスカー・ニーマイヤー All that is solid melts into air ブラジリアをめぐる一注釈
ジョセフ・リクワート 起源への問いを通して近代を思考する歴史家

モダニズム建築13撰
ウィーン郵便貯金局
落水荘
ヒル・ハウス
AEGタービン工場
トリスタン・ツァラ邸
フランクリン通りのアパート
バルセロナ・パヴィリオン
ロヴェル・ビーチ・ハウス
サヴォワ邸
マイレア邸
EUR 会議場
カサ・デル・ファッショ
シュレーダー邸
「モダニズムの33人」年代表


日本モダニズムの30人 モダニスト再考2 国内編 2000年1月号
目次
対談日本モダニズムのハードコアをめぐって 八束はじめ+岡崎乾二郎
中村達太郎 亀裂の保存
佐野利器 都市・テクノロジー・ナショナリズム
角南隆 技術官僚の神域 機能主義・地域主義と「国魂神」
藤井厚二 藤井厚二という不安
今和次郎 ノート-「日本の民家」を中心として
アントニン・レーモンド 表現と表象
村野藤吾 「社会的芸術」として構想されたもうひとつのモニュメンタリティの射程
小山正和 日本的モダニズムの雑誌編集人
上野伊三郎 さまよえる建築工芸
石本喜久治 「建築美」、その転換という作為
山田守 形態の誘惑ーあるいは禁欲的エロティシズム
吉田五十八 本音と建前/蔵田周忠 日本モダニズムの「水先案内人」
森田慶一 IMITIATIO CORBVSIERI-分離派から古典主義へ
堀口捨己 「どうしようもないもの」の形容矛盾
石原憲治 全体性を回復する回路をつなぐ「社会技術」という視座
今井兼次 ドキュメンタリーのモダニズム
伊藤正文 反転する純粋技術
土浦亀城 迷いなく駆け抜けること
岸田日出刀 丹下健三を世に送り出した男
佐藤武夫 建築の政治性と記念性
山越邦彦 「建築 ルート・マイナス1建築→構築」という冒険
坂倉準三 他者による建築はどこまで他者的であり得るか
川喜田煉七郎 ユートピア-アヴァンギャルドの往還
山口文象 「実践へ」
谷口吉郎 転向の射程
白井晟一 伝統のパラドックス
前川國男 木村産業研究所という出発点
小坂秀雄 「体系」の刻印
丹下健三 神話的「日本」と「計画の王国」

日本モダニズム作品撰
レーモンド自邸と事務所
千代田生命保険相互本社ビル
岡田邸
桃華楽堂
土浦亀城自邸
神奈川県立鎌倉近代美術館
親和銀行本店2期
親和銀行本店3期懐霄館
神奈川県立図書館・音楽堂
代々木国立屋内総合競技場
香川県庁舎

サイズ:30.5×23cm ソフトカバー 166ページ,214ページ

カテゴリーから探す