新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

商品番号:17DEC11-06

2,000円(税込)

[編集] 朝日新聞社
[出版社] 朝日新聞社
[発行年] 2017年
[状態] B
[コメント] 貴重な制作資料である絵コンテや作画、設定資料に加え、作品を彩る言葉や音楽、映像などを通じて、新海誠の15年の軌跡をたどる展覧会の図録
目次
ごあいさつ
第1章 ほしのこえ 
絵コンテ/作画
[対談] 萩原嘉博 (『ほしのこえ』制作プロデューサー)×大槻貴宏 (下北沢トリウッド代表) 『ほしのこえ』初上映の衝撃
第2章 雲のむこう、約束の場所 
絵コンテ/設定資料/作画
[インタビュー] 田澤潮 (『雲のむこう、約束の場所』キャラクターデザイン・総作画監督) エモーションを喚起する光の演出術
[座談会] 丹治匠×渡邉丞×馬島亮子×廣澤晃 ゼロから始まった、美術チームの誕生
第3章 秒速5センチメートル
絵コンテ/設定資料/作画
[インタビュー] 西村貴世 (『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』キャラクターデザイン・作画監督) 試行錯誤を繰り返して歩んだ現場
第4章 星を追う子ども
絵コンテ/設定資料/イメージボード/コンセプトボード/作画
第5章 言の葉の庭
趣意書/絵コンテ/設定資料/作画
[インタビュー] 土屋堅一 (『言の葉の庭』キャラクターデザイン・作画監督) 世界に奥行きを生み出す作画での挑戦
第6章 君の名は。
企画書/絵コンテ/設定資料/作画
[対談] 安藤雅司 (『君の名は。』作画監督・キャラクターデザイン)×田中将賀 (『君の名は。』キャラクターデザイン) アニメーターから見た新海誠と『君の名は。』
アザーワークス
映像ソフト&書籍
[インタビュー] 新海誠 観客との対話と共同作業で歩んできた
[論考] 共苦=Compassionの文学—新海誠の表現世界 榎本正樹
[論考] 日本製アニメーションの特徴と新海誠作品 氷川竜介
略歴
展覧会概要

サイズ:19.6×35cm ソフトカバー 193ページ

カテゴリーから探す

>