カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

加賀赤絵展 魅惑の赤、きらめく金彩  

加賀赤絵展 魅惑の赤、きらめく金彩
   
1,650円(税込)
   
[編集] 朝日新聞社企画事業本部文化企画部
[出版社] 朝日新聞社
[発行年] 2012年
[状態] B 表紙少スレ
[コメント] 江戸時代後期の春日山窯や若杉窯など再興九谷諸窯の赤絵、明治期の万国博覧会に出品するなど輸出が盛んになったジャパン・クタニ、現代の北大路魯山人や富本憲吉など150件で、九谷焼の赤絵の系譜をたどる展覧会の図録
目次
「加賀赤絵」、九谷焼に流れる革新の伝統 坂下雅子
驚愕の様式「赤絵細描九谷」 中矢進一
1 中国写から「加賀赤絵」への進化
2 華やかな輸出九谷
3 近現代 作家出現による作風の多様化
関連年表
関連施設・地図
用語解説
出品作品リスト

サイズ:29.4×22cm ソフトカバー 209ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する