森鴎外と美術

商品番号:19JAN10-11

1,500円(税込)

[編集] 島根県立石見美術館ほか
[出版社] 森鷗外と美術展実行委員会
[発行年] 2006年
[状態] B ジャケット付・少スレ
[コメント] 軍医でありながら、数々の小説を残した文豪、森鷗外と親交のあった作家たちの名品に、鷗外の所属した陸軍衛生部と美術の関係を、戦傷図やレリーフなどで紹介した展覧会の図録
目次
序論 鷗外が見た明治、大正の美術 川西由里
カタログ
第一部 芸術で結ばれた友情 原田直次郎と共に
I 出会い
II 共闘
日本画の伝統と変革
原田直次郎の挑戦 北派(旧派)の絵画
黒田清輝の登場 南派(新派)の絵画
美学、美術史学、美術解剖学の紹介
III 別れ
第二部 芸術がもたらした栄光と活躍 鷗外の多面性
IV 陸軍軍医総監・森林太郎の周辺
V 鷗外と展覧会、博物館
VI 次世代へのまなざし
資料
原田直次郎作品集
徳富蘇峰記念館所蔵 原田直次郎書簡
各論
森鷗外と帝室博物館蔵書について 高橋祐次
原田直次郎の肖像画をめぐって 「原田直次郎作品集」から 宮本久宣
森鷗外と肖像 堀切正人
鴎外とミュージアム 遊就館整理事業をめぐって 村上敬
作家作品解説
関連年譜
主要参考文献

サイズ:22×15.7cm ハードカバー 367ページ

カテゴリーから探す

>