富士山 近代に展開した日本の象徴(シンボル) 開館30周年記念展

商品番号:18AUG07-08

2,000円(税込)

[編集] 山梨県立美術館ほか
[出版社] 山梨県立美術館
[発行年] 2008年
[状態] B
[コメント] 近現代の美術を中心に、絵画、工芸、写真、デザイン、さらにはポスターなど約1000点で、日本人の心の拠り所として単純には位置づけることのできない近現代の富士山像を概観しようとした展覧会の図録
目次
「富士図の近代」 河田明久

図版
1章 近代の富士の兆し
コラム「〈富士山の美術〉解説、および猯富士畤濤諭
2章 近代の富士
新しい「富岡鉄斎《富士山巓麓略図》考」
コラム 
イメージの流出・消費される富士
コラム「外国人が描いたフジヤマ チャールズ・ワーグマンとジョルジュ・ビゴーの場合」
日本の象徴・戦時下の富士
コラム 「レジャーとしての富士山 戦時下の風景画について」
3章 伝統への回答
日本一を描く
コラム 「山梨の画家が描く富士山 近藤浩一路の場合」
アイコンとしての現代富士
コラム 「そしてふたたび日本の象徴へ アイコンとしての現代富士」

出品リスト

サイズ:29.5×22.5cm ソフトカバー 121ページ

カテゴリーから探す

>