カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

都市型住居の設計手法 新建築臨時増刊  

都市型住居の設計手法 新建築臨時増刊
   
1,500円(税込)
   
[出版社] 新建築社
[発行年] 1981年
[状態] B 裏表紙少シミ 天少シミ
[コメント] 西欧において都市型住居が成立した歴史的位置付け、今までに試られてきた都市型住居の設計手法の分析、さまざまな条件に対応する具体例、ロンドンのタウンハウスと京都の町家の比較など、あらゆる角度から都市型住居の問題点を採り上げて編纂した特集号。
目次
対談 日本的都市型住居への道
芦原義信+藤本昌也

都市の住まいのニ都物語 小沢明
都市型住居の手法分析 栗生明
街並みへの表情
自然光の採り込み
通風を考える
防犯・防音・防災
狭さを克服する
外部空間の導入
視線の制御
道路から内部へ
外部との接点
環境への配慮
建築協定

都市型住居 作品10題
鷺宮の家 松原忠策・宗幸彦
安藤邸 PALインターナショナル一級建築士事務所
ニラム邸 原広司+アトリエ・ファイ
大和町の家 室伏次郎・アルテック建築研究所
左近充邸 現代計画研究所
BAU BAU-AN 武者英二研究室
大久保の家 相田武文・西村捷之
光筒のある家 西野善介建築研究所
コープ内野平野 都住創プロジェクトチーム
パセオ三光坂 TRIAD建築設計事務所

テラスハウスと町家の比較 小川守之+宗幸彦
ロンドンのテラスハウスに住む 川上喜三郎
都市型住居設計のチェックポイント 黒沢隆
住宅のファサードを考える 三宅理一
ルポルタージュ 都市型住居-もうひとつの現在
ハウジング計画ユニオン(HPU第1次コア)
都市の中の町と住宅-東京と大阪を歩いて 大野勝彦
紀州亜米利加村 渡辺豊和
YOKOTA アメリカ村 石山修武
アジアの拡がりの中で 布野修司

サイズ:29.7×22.1cm ソフトカバー 236ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する