カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

住宅建築 2006年7月号 林雅子という建築家  

住宅建築 2006年7月号 林雅子という建築家
   
2,000円(税込)
   
[編者] 建築思潮研究所
[出版社] 建築資料研究社
[発行年] 2006年
[状態] B 表紙少スレ 小口少ヤケ
[コメント] 林雅子の建築家としての特質を、さまざまな作品の紹介と、林昌二、古谷誠章、石堂威等、彼女自身や作品に触れたことのある人々の貴重な証言によって余すところなく伝えた特集号。
目次
特集 林雅子という建築家
巻頭論 融通無碍の自由さ?相違する無数の居心地が並存する家 古谷誠章
林雅子のつくるすまいと空間
《すまいづくりの原点》
Oさんのすまい 1952年
清家清研究室時代の処女作
O夫人のすまい 1953年
磨き丸太の小屋梁を現しとした艶のあるすまい
平らな屋根のすまい(私たちの家・1期)1956年
シンプルな生活を楽しむ練られたプラン
私たちの家・2期 1978年
暮らしの歴史と環境の変化に対応したアクロバティックな増改築
《単純明快でたおやかな空間》
草崎クラブ 1964年
電柱丸太を使った合掌がつくる三角形の大空間
末広がりの家 1965年
丸太の小屋組がつくる骨太の空間
霞ヶ浦の家 1970年
複雑な木構造と暮らしを楽しむすまい
崖の家 1975年
崖地を活かし大きく跳ね出す空中に浮くすまい
ギャラリーをもつ家 1983年
南北に大きく跳ね出す住空間
《躍動する〈近代〉を表現した空間》
門構えのオフィスビル 1963年
瓦屋根を載せた長屋門のオフィスが都市的風景を生成
海のギャラリー 1966年
厳しい環境に耐える大胆な構造で、海中を繊細に表現
三泉寮(日本女子大学軽井沢寮) 1979年
森に囲まれた鉄トラスを現しにした大空間
浜口ミホという存在?戦前・戦後をつなぐ視点から 宮内嘉久
座談会 「空間の骨格」という思想の林雅子流?論理的な構造と直観力がつくる空間 林昌二×石堂威×平良敬一

[今月の2題]
金山町きごころ橋 設計=片山和俊+DIK設計室
湖北白ばら幼稚園 設計=アトリエ・ヨシダ 構造設計=増田建築構造事務所

平成18年東京建築士会〈住宅建築賞〉報告
狎験茘爐箸い今日的なデザインテーマをどう考えるか 鴛海浩康、藤本壮介他

連載
世界の集落めぐり第2回 ドイツ・フロイデンベルク 文・写真=太田邦夫
時を超えて生きる第7回
町の歴史を見守ってきた土蔵を記念館に
芭蕉の館 文=中森勉
新田園都市実験第2回 文=齊木崇人

サイズ:29.7×21cm ソフトカバー 164ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する