カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

工芸青花 11号  

工芸青花 11号
   
[編集] 青花の会
[出版社] 新潮社
[発行年] 2019年
[状態] B 筒函付 限定1200部
[コメント] 骨董、工芸、建築鑑賞のための本『工芸青花』の第11号。望月通陽の型染絵付
目次
1 山茶碗
石のようなもの─秦秀雄 勝見充男
最初の古美術品 高木孝
ざらざらしたもの 小澤實
山茶碗入門 清水喜守
深シ奥 枯レツレバ─柳宗悦 白土慎太郎
茶道具として─北村謹次郎 木村宗慎
2 欧州タイル紀行
アヴィニョン・教皇・ナポリ 金沢百枝
3 大谷哲也 「生活工芸」以後の器
丸裸と白 富井貴志
4 川瀬敏郎 籠にいける
消えた色気 片柳草生
5 骨董と私
藤末鎌初 杉村理
6 ロベール・クートラスをめぐる断章群 5
髑髏の闇から抜け出て 堀江敏幸
7 名物とはなにか
「名物」批判にこたえる 木村宗慎
扉の絵
精華抄

サイズ:29×21.7cm ハードカバー 192ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの