カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

イメージ論 石子順造著作集 第二巻  

イメージ論 石子順造著作集 第二巻
   
2,200円(税込)
   
[著者] 石子順造
[出版社] 喇嘛舎
[発行年] 1987年
[状態] C 帯付・背ヤケ・少イタミ ジャケット付・ヤケ・少シミ 天・小口少ヤケ
[コメント] 美術評論家、漫画評論家、石子順造の著作集第二巻。
目次
イメージ論
イコンとしての美女
「モナ・リザ」の鑑賞と自明性の
視覚の模型化
身体性としてのデザイン
文字の氾濫と文字の消失
性幻想の惨状
CM論
非公式のシンボル
装飾考
キッチュによるキッチュの批評
表現論
官許のデザインと芸術の陥穽
共同体的幻想を超克せよ
芸術裁判は幻想奪取の力関係
芸術と犯罪
殺人はなぜ(表現の自由)として許されていないのか
美術批評によって現代とは何か
論争「反戦と解放展」の本質
ハイレッドセンターにみる美術の現代
現代美術の底流
ハプニング以後
再論・ハプニング以後
場の変質をめぐって
「針生一郎評論」を読んで
作家論
池田龍雄論
中村宏論
中西夏之論
高松次郎論
横尾忠則論
赤瀬川原平論
片山健論
文明論
母(対談・寺山修司)
ガルブレイスと近代の命運
フィーリング思考の落とし穴
戦後大衆文化論の系譜
風俗寸評
70年夏の午後
テルアビブの痛覚
青江三奈論
島倉千代子論
解説(池田龍雄)

サイズ:19.5×13.8cm ハードカバー 465ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する