カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

私の写真史 桑原甲士雄  

私の写真史 桑原甲士雄
   
1,650円(税込)
   
[著者] 桑原甲士雄
[出版社] 晶文社
[発行年] 1976年初版
[状態] B ジャケット付・少スレ 小口少ヤケ
[コメント] 写真家、写真評論家、編集者、桑原甲士雄のエッセイ集。1930年代という昭和史の主要な部分を青春として生きてきた東京生まれの著者が、写真に深入りしていった経緯を改めて見きわめようとする一冊。
目次
私の写真史
九つの石油ランプと十五分間の残酷な姿勢
写真を撮るものの不幸
美と頽廃の論理
『喜劇阿部定』とスペイン戦争と
越前蟹と満州ロマノフカと
ニューヨークの日本作家展と戦後の青空
下町生活の眼
憎悪の対象としての浅草
下町生活の眼
郷愁としての写真
東京・下町・土着人

写真家の貌
木村伊兵衛
濱谷浩
石元泰博
東松照明
細江英公
川田喜久治
高梨豊
柳沢信
森山大道
北井一夫
内藤正敏
荒木経惟
岸哲男
金坂健二

撮られ方の歴史 写真の半世界
写真の「私」性について
カルチェ=ブレッソン
「私」性としての写真
奇妙なカタルシス 「三閏伊」写真展
なぜ、モノクロ表現にこだわるのか
土門拳『文楽』とダイアン・アーバスと
ビート世界の神話 ロバート・フランク
生の証人たち 現代写真の位相
あとがき

サイズ:19.2×13.5cm ハードカバー 213ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する