カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

建築文化 2000年1月号 日本モダニズムの30人 モダニスト再考2 国内編  

建築文化 2000年1月号 日本モダニズムの30人 モダニスト再考2 国内編
   
2,200円(税込)
   
[編者] 建築文化
[出版社] 彰国社
[発行年] 2000年
[状態] B 表紙少スレ
[コメント] 日本のモダニズム形成において大きな役割を果たした人物30人(中村達太郎、佐野利器、角南隆、今和次郎、アントニン・レーモンド、村野藤吾、小山正和、上野伊三郎、石本喜久治、石原憲治、今井兼次、伊藤正文、土浦亀城、岸田日出刀、佐藤武夫、山越邦彦、坂倉準三、川喜田煉七郎、山口文象、谷口吉郎、白井晟一、前川國男、小坂秀雄、丹下健三、山田守、吉田五十八、蔵田周忠、森田慶一、堀口捨己)をクローズアップ。総勢21人の論者が、様々な角度から日本のモダニズムの「問題」の闇に光をあてる。
目次
日本モダニズムの30人 モダニスト再考2 国内編
対談日本モダニズムのハードコアをめぐって 八束はじめ+岡崎乾二郎
中村達太郎 亀裂の保存
佐野利器 都市・テクノロジー・ナショナリズム
角南隆 技術官僚の神域 機能主義・地域主義と「国魂神」
藤井厚二 藤井厚二という不安
今和次郎 ノート-「日本の民家」を中心として
アントニン・レーモンド 表現と表象
村野藤吾 「社会的芸術」として構想されたもうひとつのモニュメンタリティの射程
小山正和 日本的モダニズムの雑誌編集人
上野伊三郎 さまよえる建築工芸
石本喜久治 「建築美」、その転換という作為
山田守 形態の誘惑ーあるいは禁欲的エロティシズム
吉田五十八 本音と建前/蔵田周忠 日本モダニズムの「水先案内人」
森田慶一 IMITIATIO CORBVSIERI-分離派から古典主義へ
堀口捨己 「どうしようもないもの」の形容矛盾
石原憲治 全体性を回復する回路をつなぐ「社会技術」という視座
今井兼次 ドキュメンタリーのモダニズム
伊藤正文 反転する純粋技術
土浦亀城 迷いなく駆け抜けること
岸田日出刀 丹下健三を世に送り出した男
佐藤武夫 建築の政治性と記念性
山越邦彦 「建築 ルート・マイナス1建築→構築」という冒険
坂倉準三 他者による建築はどこまで他者的であり得るか
川喜田煉七郎 ユートピア-アヴァンギャルドの往還
山口文象 「実践へ」
谷口吉郎 転向の射程
白井晟一 伝統のパラドックス
前川國男 木村産業研究所という出発点
小坂秀雄 「体系」の刻印
丹下健三 神話的「日本」と「計画の王国」

日本モダニズム作品撰
レーモンド自邸と事務所
千代田生命保険相互本社ビル
岡田邸
桃華楽堂
土浦亀城自邸
神奈川県立鎌倉近代美術館
親和銀行本店2期
親和銀行本店3期懐霄館
神奈川県立図書館・音楽堂
代々木国立屋内総合競技場
香川県庁舎

サイズ:30.5×23cm ソフトカバー 214ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する