カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

組版原論 タイポグラフィと活字・写植・DTP  

組版原論 タイポグラフィと活字・写植・DTP
   
11,000円(税込)
   
[著者] 府川充男
[出版社] 太田出版
[発行年] 1996年
[状態] C 帯付・少キズ・背ヤケ ジャケット付・背ヤケ・見返しテープあと
[コメント] 活版印刷史研究と精密組版の実践で知られるタイポグラファーが、その視点と技法のすべてを体系的にまとめあげた超実用書。
目次
第一章
タイポグラフィへの視線
新字と神字 近代日本における文字の発明
近代和文活字の曙を概観する
明治初年の「非本木系活字」
小括・築地体と秀英体
『活字礼讃』に寄す
明治の新聞紙面と組版意匠の変遷
図録=組版技法
第二章
和文組版ルールと技法のベーシックス
ディジタル組版システムと漢字字体
BIBLOS外字逍遥
一律一歯詰め組版を排す
写植およびQuarkXPressにおける組版演算の基礎

サイズ:26.4×18.5cm ハードカバー 395ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する