発見!吉原治良の世界 清らかな詩心をつらぬく造形の軌跡

商品番号:18JAN11-06

1,500円(税込)

[編集] 大阪市立近代美術館建設準備室
[出版社] 「吉原治良の世界」展実行委員会
[発行年] 1998年
[状態] C 表紙少ヤケ・少ヨゴレ 裏表紙少シミ 小口ヤケ
[コメント] 日本の前衛美術の先駆者であり、戦後の1950年代から70年代にかけては、「具体美術協会」を率いて国際的に注目される美術運動を展開した吉原治良の代表作と多くの没後初公開作で、その創造の軌跡を回顧展の図録
目次
画家・吉原治良の発見 永遠、あるいは海と日輪 熊田司
図版・カタログ
第1章 〈魚の画家〉となるまで 修学時代の仕事
第2章 白光のなかの乾いた夢想 シュルレアリスムの影響
第3章 幾何学の精神に向かって 国際抽象運動のさなかに
第4章 苦難の時代に傷つく詩情 戦中戦後の造形
第5章 〈具体美術〉の誕生を求めて 前衛への挑戦と模索
第6章 円環を閉じる繊細な詩心 晩年の探求とその展開
年譜
出品リスト

サイズ:24.4×18.1cm ソフトカバー 119ページ

カテゴリーから探す

>