ミニマルマキシマル ミニマル・アートとその展開 1990年代の現代美術

商品番号:17NOV13-08

3,000円(税込)

[編集] 千葉市美術館
[出版社] 千葉市美術館
[発行年] 2001年
[状態] B 
[コメント] 60年代のミニマルアートの作品と、その後の90年代に活躍した若手の人気作家たちの作品を対峙的に展示し紹介した展覧会の図録
目次
ご挨拶
はじめに
グレゴール・シュテムリヒ 
ミニマル・アートの基本概念

マルグリット・ブレーム 
われわれはどこから来たのか?どこへ歩いて行くのか?休暇にどこへ行くのか? フランシス・トネッリのために

ペーター・フリーゼ 
「おお、これが私の愛するドナルド・ジャッドだ!」芸術についての芸術、あるいはミニマル・アートはどのような影響を及ぼしたか

シュテファン・シュミット=ヴルフェン 
ミニマリズムなんて忘れた・・・・!

尾崎信一郎 
ミニマル・アートあるいは帰還不能点

作家・作品解説
カール・アンドレ
ミロスワフ・バウカ
ラリー・ベル
ダニエル・ビュレン
ジャン=マルク・ブスタモント
フィリップ・カザール
ダン・フレイヴィン
ライアム・ギリック
フェリックス・ゴンザレス=トレス
ハンス・ハーケ
モナ・ハトゥーム
フランカ・ヘルンシェマイヤー
ドナルド・ジャッド
ディーター・キースリンク
ヴィリ・コップフ
ソル・ルウィット
ジョン・マックラッケン
ロバート・モリス
クリスチャン・フィリップ・ミュラー
ブルース・ナウマン

サイズ:29.7×21cm ソフトカバー 318ページ

カテゴリーから探す

>