交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術

商品番号:19JAN09-05

1,500円(税込)

[編集] 京都国立近代美術館
[出版社] 京都国立近代美術館
[発行年] 2013年
[状態] B
[コメント] 開館記念展「現代日本陶芸の展望」に出品された代表作に美術館の原点を探ると共に、その後毎年開催される「工芸展」の出品作から、多彩な「工芸」コレクションが形成されていった経緯を紹介し、これまでの50年間の歩みを振り返る展覧会の図録
目次
第1部 工芸表現の断面
〈工芸〉表現の一断面から見たその諸相 山野英嗣
図版
博覧会の時代 岡崎の地で開催、第4回内国勧業博覧会(1895年)の残影
伝統と対峙して 京都の動向を中心に
「表現」の多様性 工芸と版画
生活への浸透 デザイン意識の芽生え
新たな「表現」の模索 「前衛」表現への意識
東西文化の交流 上野リチの創作活動
作品リスト

第2部 『視る』再録
初期の美術活動とその方針
京都国立近代美術館と工芸
美術館を建てる、1986年の事例
展覧会一覧1993-2013

サイズ:26×18.8cm ソフトカバー 239ページ

カテゴリーから探す

>