カート
ご利用ガイド
お問い合わせ
 
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ご利用内容から探す
 

構成的ポスターの研究 バウハウスからスイス派の巨匠へ  

構成的ポスターの研究 バウハウスからスイス派の巨匠へ
   
13,200円(税込)
   
[編集] 多摩美術大学ポスター共同研究会
[出版社] 中央公論美術出版
[発行年] 2001年
[状態] B ジャケット付・少スレ
[コメント] 構成的ポスターの全体的研究の成果をまとめた一冊。
目次
謝辞
序文
構成的芸術・グラフィックデザインの年代順動向
理論1
具体芸術と構成的ポスター
スイス・スタイルの起源1925-1935
ヨーゼフ・ミュラー=ブロックマンの造形思想
構成的ポスターの属性と属性図
属性図の語彙
デザイナー研究
分析
スイス派の造形方法
バーゼル派とは何か
構成的ポスターにおけるサンセリフ体
理論2
造形過程の構造
ポスターの記号論的考察
パースとモリスの記号論
印刷と用紙から見る近代ポスター
資料
原典テクストに見る先駆者の造形思考
文献
竹尾ポスターコレクションの形成
主要人名一覧
あとがき
英文:序文・目次
執筆者・翻訳協力・協力者

サイズ:30.2×21.7cm ハードカバー 283ページ

[状態説明]

  1. 美本
  2. 古本としては標準的な状態
  3. 多少の経年劣化(ヤケ・シミ等)はあるが、発行年を考えると許容できる範囲
  4. 状態は良くないが、通読には支障のないもの
購入する