欧文書体百花事典

商品番号:18APR22-02

5,000円(税込)

[編集] 組版工学研究会
[出版社] 朗文堂
[発行年] 2005年
[状態] B 帯付 ジャケット付・背少ヤケ
[コメント] 現代タイポグラフィにもっとも重要な役割をはたす欧文書体を26章・300書体にわたって紹介した事典
目次
欧文活字書体を学ぶために 欧文活字書体の基本構成と名称 片塩二朗
欧文活字書体の分類 河野三男
Trajan Roman 時空を超えたローマ大文字 活字に影響を与えたイタリアの碑文書体
Black Letter ブラック・レター、ことばの林、文字の森 はじめての活字書体
Jenson Roman 揺りかごのなかの活字 ローマン体の成立
Aldine Roman イタリア・ルネサンスの活字 オールド・ローマン体の成立
Italics 書字から印刷用活字へ イタリック体の成立
Garamond Types 大陸を横断したフランス活字 ギャラモン活字の行方
Printers Flower 活字箱のなかの可憐な装飾 プリンターズ・オーナメントとヴィネット
Dutch Roman オランダ活字の潮流 17世紀と20世紀のダッチ・ローマン体
Caslon Roman イギリス活字の強固な地盤形成 オールド・ローマン体の最後の華
Script Types 手書きから銅版へ、銅版から活字へ スクリプト体の変遷
Baskerville Types モダン・ローマン体へのかけ橋 トランジショナル・ローマン体の成立
Fournier 華麗なるロココの活字組版を支えた合理精神 ピエール・シモン・フールニエ
Bodoni Roman モダン・ローマン体の開花 タイポグラフィの王者と呼ばれたひと
English Modern Roman 大量生産時代の活字と印刷産業 モダン・ローマン体の拡散
America Type Foundery 栄光を背負ったアメリカの活字 ベントン父子の挑戦を追って
Fredric Goudy 多作な活字制作者の活字 ガウディ活字のその後
Eric Gill 石彫り職人エリック・ギルの活字 近代産業と手工業のせめぎあいのなかで
Futura 近代を夢みたドイツの活字 セリフレス・ローマン、フツーラ
Times New Roman 20世紀のタイポグラフィを開いたひと スタンリー・モリスン
Optima Antiqua ローマン体のあらたなカテゴリー セリフレス・ローマン体の誕生
Sans Serif 誘目性からから出発し、可読性をめざして サン・セリフ体の潮流
Univers 宇宙に子午線をみたひと アドリアン・フルティガー
Sabon Antiqua サボン もっともモダンなオールド・フェイス・ローマン体
Berthold Fototypes 写植活字の盛衰とその継承 タイプディレクター、ギュンター・ランゲ
Rotis 市民社会の融和をめざした活字書体 ローティスのこれから
Emigre コンピュータ・アヴァンギャルドからの転身 エミグレ、伝統への回帰

補遺 主要参考・引用文献一覧 執筆者一覧

サイズ:29.7×21cm ソフトカバー 546ページ

カテゴリーから探す

>